Little Apple Dolls - Series 1 (Assortment)

Official Distributor



ゴシックドール新時代。

 ここに紹介するのは、悲しい物語を持つ少女たちの人形です。彼女たちが背負った全てのお話に共通して出てくるのは、小さな赤いリンゴ。そして、今、彼女たちがいるのは、この世とあの世の境目にある、どこでもない、特別な場所。
 まずは、3人の少女をご紹介します。キルケ(Circe)は、周囲から望まれず生まれ、最後には他人の手によって殺されてしまい、ここに来ました。シン(Sine)は、果樹園で生まれ、子供の頃から病弱で、幼くしてここに来てしまった少女。アンブラエ(Umbrae)は、自分の置かれた環境に耐えられず、闇の世界にひきこもってしまった少女。そして、小さな赤いリンゴは、彼女たちの魂の保護者。彼女たちはまだ死んでいません。この世とあの世の境目に存在しています。詳しいお話は、オフィシャルサイトをご覧下さい。

http://www.littleappledolls.com/

 オフィシャルサイトではシリーズ1、シリーズ2ともに、この人形たちの物語は神話的に巧妙にデフォルメされていますが、実はモデルとなった少女たちは実在した、という噂があります。また、この人形の販売に携わっている、直に人形を見たことのある関係者から、今回発表された人形たちには、奇妙な能力が備わっているのかもしれない、という話も聞こえてきました。その能力は、ある特定の人々に、様々な効果をもたらすかもしれないそうです。彼女たちそれぞれの物語を少しだけ紐解いてみましょう。

◎キルケ(Circe)
周囲が望まない愛から望まれない子供が生まれました。だれも彼女の存在を許してくれませんでした。彼女は最期に湖で魂の保護者と出会います。

◎シン(Sine)
病弱で不幸な運命を背負っていた彼女からは、大好きな居場所が無残に奪われてしまいました。魂の保護者は悲しみ、自分の元へと引き寄せます。

◎アンブラエ(Umbrae)
彼女は笑うことができず、自らの意思で、狭く、暗い場所に留まってしまいました。戻ることはできません。魂の保護者は彼女を見守っています。

 あなたの姿は彼女たちの中にあるはずです。誰もが心に闇を抱えています。他人が信用できない、周囲の環境に耐えられない、自分は病んでいる、死にたいと思ったことがある人は大勢います。彼女たちはあなたそのものです。そして、全ての人形に付属する小さな赤いリンゴ(リトル・アップル・レッド)は、非常に特別なアイテム。リンゴは、あなたを様々な状況から守ってくれるかもしれません。あなたが今心配しているコト、モノが訪れる前に、その数だけピンをリンゴに刺し、彼女たちに持たせてください。ピンは、付属のピン以外のものでも構いません。

ユリエ・ウオフマとLittle Apple Dolls
 イギリスで発表され、その芸術的完成度と妖しい美しさで話題騒然となった「リトル・アップル・ドールズ」…。彼女たちのクリエーターはイギリス人のウリエ・ウフオマ。
 幼い頃周りの少女たちが遊ぶ金髪で青い目をしたバービー人形に興味が持てなかったアフリカ系イギリス人ウリエは、アートカレッジで勉強した後、自分が人生において一番インスピレーションを受けている『文化・伝統・言語』という3つのシンボルとアートをコラボレーションした集大成である「リトル・アップル・ドールズ」を制作する。生前ラテン語を話していた父の影響で、ドールをラテン語で名づけた。スピリチュアルな世界にも興味のあるウリエは、作品をオカルト・魔術ともリンクさせ、それはアップルの釘で表現されている。


発売予定 発売中
販売価格 @¥5,657(税込)


@¥5,239(税抜)
メーカー Yurie Urie

WEB商品番号 d0001034
キャラクター Little Apple Dolls
商品種別 ■Figures
12inch未満
イギリス
パッケージ WINDOW BOX
限定数 特別なし
サイズ 各高さ約35cm
JAN 4582106186438
発注書 No.356

Little Apple Dolls TM & (C) 2004 Urie Ufuoma. (C) 2004 Yurie Urie. All rights reserved.